高安白星スタート「前に出るという意識が良かった」

 大関高安(27=田子ノ浦)が、白星スタートを切った。東前頭筆頭の栃ノ心(29=春日野)を押し出し。「やはり、初日に勝つことで気分よく取れる」と静かに息をついた。

 新大関だった先場所は初日にいきなり黒星を喫した。だが、当時と比べると「今日の方が緊張しました」。それはすなわち「今日の方がいい緊張感でしたね」。緩みなく、適度な緊張を保持した心で、栃ノ心ののど輪をはねのける。右が入ると、得意の左四つではなくとも前に出る。直前まで役力士が5人全員敗れるという嫌な空気の中で、貫禄の相撲。攻めの意識で白星を手にして「前に出るという意識が良かったですね。体がしっかり反応して良かった」とうなずいた。

 昭和以降初めて、3横綱が初日から休場した今場所。混沌(こんとん)とする優勝争いの中心に立とうとする気概がある。「勝つことが僕の務めですし、勝つだけじゃなくて内容も見られる。リラックスして、肩の力を抜いて、連日取りたい」と堂々と口にした。

nikkansports.com:2017-9-10 20:09:02

カテゴリーnews