日馬富士、1人横綱の責任も「楽しみながらできた」

 横綱4人のうち唯一出場した日馬富士が、小結に返り咲いた栃煌山との結びの一番を制した。当たって左にずれて左上手を取り、相手の動きを止めて前に出てくる力を利用して上手投げ。「左上手はそんなにいい場所とは思わなかったけど自分の形で投げられた」。思い通りの形とはいかなかった中で、結果を出した。

 3横綱が初日から休場する緊急事態に加え、三役力士らが次々と倒れた初日。弟弟子の照ノ富士が敗れたのを知ると「負けたんですか? まぁ、自分の相撲に集中していましたから」と話したほど、自らの準備に没頭していた。1人横綱の責任については「毎場所と同じ初日のいい緊張感があったし楽しみながらできた」と振り返った。貴乃花を抜き歴代7位となる幕内702勝目も挙げ「これからも積み重ねたい」とさらなる高みを目指した。

nikkansports.com:2017-9-11 09:09:49

カテゴリーnews