きんほし(金星)

平幕力士が、横綱を倒すことを「金星を挙げる」という。転じて、美しい女性のこと。

きんじて(禁じ手)

反則となる次の8つの手のこと。(相撲規則の禁手反則の項より)①握りこぶしで殴ること②頭髪をつかむこと③目やみぞおちを突くこと④両耳を同時に両手のひらで張ること⑤前立て廻しを引くこと。前立て廻しの横から指を入れて引くこと⑥ …

きまりて(決まり手)

勝敗を決めるときの技。決まり手は俗に「四十八手」といわれるが、現在は八十二手に定められている。