米びつ

相撲部屋において将来有望な力士

こんぱち

指で相手のおでこをはじくこと。お相撲さんのしっぺのようなもので、簡単な罰として行われた。また、初めて髭を結った力士に、兄弟子がこんばちを入れたあと、ご祝儀を渡す風習もある。

ごのせん(後の先)

立ち合いで、相手より後に立ちながら、自分に有利な体勢にもっていくこと。

こうえんかい(後援会)

相撲部屋や力士個人に対して、応援、援助を行うために発足される組織。力士の出身地による場合が多い。