断髪式

引退した力士の髪曲を落とし、その第二の人生への出発をみんなで祝う儀式。断髪最後の止めバサミは、通常、師匠が行う。

たにまち

ひいき客、後援してくれる人。大阪の谷町に住んでいた相撲好きの医者が、力士からの治療費は受け取らなかったところから、という説が有力。

たちもち(太刀持ち)

露払いとともに横綱土俵入りの介添え役。横綱の向かって左隣に位置し、右手に太刀を捧げ持つ。

たちあい(立ち合い)

仕切りの後、両手をきちんとついて、両者が立ち上がる瞬間。いつの時代も「立ち合い研修会」などが行われ、その重要性が問われている。