叩き込み(はたきこみ、たたきこみ)※首叩き(くびたたき)、飛び違い(とびちがい)含む

突きや押しの攻防の中で、体を開き、相手の肩や背中をはたいて倒す技。引き落としは体を開かない点でこの技とは異なる。
立合いの際の変化 で当決まり手が発生するケースが多く、そのような相撲は注文相撲と称されるが、上位力士に奇襲を仕掛けるような場合でもない限り、あまり誉められた形とされていない。迂闊に叩くと引いたところを相手につけ込まれてそのまま土俵を割ることがあるため、大局的に見ると叩き中心の相撲は合理的ではない。
一方で、対戦相手の変化に応じた結果として当決まり手が発生するケースも見られる。具体的には変化した相手に横もしくは背後に回り込まれた際、体を相手の正面に向き替えた結果、攻めようとしていた相手が前に倒れ込み、結果的に「叩き込み」となる場合もある。

「古今相撲大全」では、そのうち、首を叩いて落とすものを「首叩き(くびたたき)」という。 また、相手に攻められたときに、右前に飛び違ったならば、逃れざま左手で背後を叩く技を「飛び違い(とびちがい)」ともいわれた。

場所勝敗
決り手
西
平成29年秋場所15日目 平成29年9月24日御嶽海

(番付:関脇 勝率:8勝7敗)

-
叩き込み
嘉風

(番付:関脇 勝率:8勝7敗)

平成29年秋場所14日目 平成29年9月23日隠岐の海

(番付:前頭14枚目 勝率:7勝7敗)

-
叩き込み
豪風

(番付:前頭10枚目 勝率:6勝8敗)

平成29年秋場所13日目 平成29年9月22日石浦

(番付:前頭10枚目 勝率:3勝10敗)

-
叩き込み
徳勝龍

(番付:前頭15枚目 勝率:3勝10敗)

平成29年秋場所13日目 平成29年9月22日阿武咲

(番付:前頭3枚目 勝率:8勝5敗)

-
叩き込み
正代

(番付:前頭5枚目 勝率:6勝7敗)

平成29年秋場所13日目 平成29年9月22日貴景勝

(番付:前頭5枚目 勝率:8勝5敗)

-
叩き込み
豪栄道

(番付:大関 勝率:10勝3敗)

平成29年秋場所12日目 平成29年9月21日千代翔馬

(番付:前頭8枚目 勝率:5勝7敗)

-
叩き込み
錦木

(番付:前頭13枚目 勝率:5勝7敗)

平成29年秋場所12日目 平成29年9月21日御嶽海

(番付:関脇 勝率:6勝6敗)

-
叩き込み
正代

(番付:前頭5枚目 勝率:5勝7敗)

平成29年秋場所12日目 平成29年9月21日貴景勝

(番付:前頭5枚目 勝率:7勝5敗)

-
叩き込み
嘉風

(番付:関脇 勝率:8勝4敗)

平成29年秋場所12日目 平成29年9月21日松鳳山

(番付:前頭4枚目 勝率:6勝6敗)

-
叩き込み
豪栄道

(番付:大関 勝率:10勝2敗)

平成29年秋場所11日目 平成29年9月20日貴ノ岩

(番付:前頭9枚目 勝率:8勝3敗)

-
叩き込み
大翔丸

(番付:前頭12枚目 勝率:7勝4敗)