吊り出し(つりだし)

クレーンの愛称で知られた元関脇・明武谷や、和製ヘラクレスの異名を持つ元大関・霧島が得意とした。

両廻しを引きつけながら掴み、腰に力を入れ踏ん張って相手を吊り上げ、浮かせたまま土俵の外へ出す[1]。相手の胴を直接掴む場合もある。太めの力士の場合、腹の上に乗せてしまうと、相手は反撃が難しくなる。吊り上げて土俵内で落として倒すのは吊り落としと呼ばれる。

がっぷり四ツになるといきなり土俵中央で吊り上げてそのまま勝負をつけてしまうこともあれば、土俵際でしぶとく残して寄り切りを決められない時に攻め手が吊り上げて決着をつける、あるいはその逆に受け手が吊り上げて逆転してしまうこともある。中央付近で吊り上げた場合土俵の外まで運び切れずに中で降ろしてしまい勝負をつけられないことも多々ある。また受け手が土俵際で逆転を狙う際には吊り上げながら土俵の外へ出してもうっちゃりと判定されることも多い。

場所勝敗
決り手
西
平成29年春場所13日目 平成29年3月24日千代の国

(番付:前頭6枚目 勝率:8勝5敗)

-
吊り出し
貴ノ岩

(番付:前頭2枚目 勝率:5勝8敗)

平成29年春場所7日目 平成29年3月18日豪風

(番付:前頭1枚目 勝率:1勝6敗)

-
吊り出し
照ノ富士

(番付:大関 勝率:6勝1敗)

平成29年初場所3日目 平成29年1月10日錦木

(番付:前頭11枚目 勝率:2勝1敗)

-
吊り出し
蒼国来

(番付:前頭10枚目 勝率:3勝0敗)

平成28年九州場所11日目 平成28年11月23日千代翔馬

(番付:前頭10枚目 勝率:7勝4敗)

-
吊り出し
蒼国来

(番付:前頭14枚目 勝率:7勝4敗)

平成28年九州場所5日目 平成28年11月17日臥牙丸

(番付:前頭16枚目 勝率:2勝3敗)

-
吊り出し
千代鳳

(番付:前頭12枚目 勝率:3勝2敗)

平成28年九州場所1日目 平成28年11月13日嘉風

(番付:前頭2枚目 勝率:1勝0敗)

-
吊り出し
照ノ富士

(番付:大関 勝率:0勝1敗)

平成28年名古屋場所2日目 平成28年7月11日千代の国

(番付:前頭9枚目 勝率:1勝1敗)

-
吊り出し
蒼国来

(番付:前頭9枚目 勝率:1勝1敗)

平成28年夏場所10日目 平成28年5月17日蒼国来

(番付:前頭9枚目 勝率:4勝6敗)

-
吊り出し
栃ノ心

(番付:前頭4枚目 勝率:7勝3敗)

平成27年九州場所3日目 平成27年11月10日蒼国来

(番付:前頭10枚目 勝率:2勝1敗)

-
吊り出し
御嶽海

(番付:前頭11枚目 勝率:2勝1敗)

平成27年秋場所10日目 平成27年9月22日栃ノ心

(番付:小結 勝率:5勝5敗)

-
吊り出し
嘉風

(番付:前頭1枚目 勝率:6勝4敗)