鉈(なた)

片腕の肘を相手の喉に押し付け、もう一方の腕で相手の片腕を外側から抱え込み、片閂(かたかんぬき)に決める技。肘で喉を攻める様が鉈を振るうさまによく似ていることから命名された。上半身の力が必要で、現代の大相撲ではめったに見ら …

閂(かんぬき)

相手が両差し(もろさし)にきたとき、その両腕を自らの両腕で外側から抱え込むように捕らえ、相手の動きを封じる技。肘の関節を締め付ける場合もある。いわゆる極技のひとつ。片腕のみで閂を極めることもあり、これを片閂(かたかんぬき …

手繰り(たぐり)

両手で相手の手首とひじの少し上を取り、相手のバック、またはサイドを取る技術を指す。

喉輪(のどわ)

相手の喉に手を筈(親指と他4本の指をY字型に開いて相手の体にあてがうこと)にして押し当て、相手の動きを封じる技。その状態から突っ張りなどの別の技へ移行したり、喉輪の状態のまま押し出したりする。もう一方の手はおっつけるのが …