うっちゃり

漢字表記は、「打棄」あるいは「打棄り」。 土俵際まで寄せられた、または土俵際で吊り出されそうになった力士が腰を落とし体を捻って、相手力士を土俵の外へ投げるもの[1]。語源は「捨てる」を意味する「打ち遣る」から。そのままで …

送り出し(おくりだし)

相手の背後に回り込み、後方から相手を押し、土俵の外に出す技。 この技を好んで使った力士として横綱・朝青龍がおり、2000年代半ばには高い反射神経を活かして立派な武器として活用していた。

叩き込み(はたきこみ、たたきこみ)※首叩き(くびたたき)、飛び違い(とびちがい)含む

突きや押しの攻防の中で、体を開き、相手の肩や背中をはたいて倒す技。引き落としは体を開かない点でこの技とは異なる。 立合いの際の変化 で当決まり手が発生するケースが多く、そのような相撲は注文相撲と称されるが、上位力士に奇襲 …

極め倒し(きめたおし)

相手の腕や肩、首の関節を腕で挟み込み、土俵上か土俵の外へ相手を倒す技。大型で懐が深い力士が多用する。 最近では、2015年(平成27年)11月場所7日目の幕内取組で臥牙丸が御嶽海にこの技で勝利している。

12