頭突き(ずつき)

相手に自分の頭を打ち付ける技。 プロレス以外で頭突きが認められている格闘技としては相撲、空道(大道塾)、ラウェイなどがある。それ以外の格闘技では拳のみで戦うボクシングはもちろんのことキックボクシング、ムエタイ、総合格闘技 …

踏み出し(ふみだし)

勇み足とは違い戦意が無く、土俵外に出た場合や相手とぶつかってもいないのに後ろに下がって出てしまう場合がある。

つきひざ

相手の力が加わらぬまま膝をついた場合に適用される。2001年から新たに追加された。『相撲』では「つきヒザ」と表記されることがある

腰砕け(こしくだけ)

相手が技を仕掛けていないのに、体勢を崩して倒れてしまった時に用いられる「決まり手」である。転じて「大事を前に萎縮したり、前触れもなく物事が駄目になるさま」を指す言葉として用いられることがある。