五輪砕き

相手と向かい合った状態で前屈みになった相手の両腕を相手の背中の上でクラッチして絞め上げる。頚椎を損傷する危険性があるため、かつては、この体勢になった時点で技を掛けた側の勝ちとなっていた。